今話題の退職代行とは?

転職で年収UP

今話題の退職代行とは?

退職代行の業者は、明確に3種類に分けられます。
こちらの表をご覧ください。

一般業者 合同労働組合 弁護士事務所
退職者の意志を伝える ○ ○ ○
残業代・有給・未払い交渉 × 〇 ◎
損害賠償請求に対する代理 × × ◎
料金 安い 安い 高い
選ぶなら?

選ぶべきは、合同労働組合か弁護士事務所になります。

一般業者はリスクが高い

2018年から話題になっている退職代行ですが、話題に乗って悪質な業者も含めて乱立している状態です。
それに会社側(特にブラック企業)はどうにか引き留めようと動きます。

・退職代行会社は認めません
・弁護士を通してください
・損害賠償を請求する

と会社に言われると、一般業者は何もできません。
交渉は「非弁行為」として法律違反に当たるためです。

これによって返金もされず弱者である私たちが泣き寝入りするケースが増えています。

合同労働組合を利用するとほぼ解決

以前は一般業者と弁護士の二択しかありませんでしたが、合同労働組合の退職代行が生まれました。
労働組合法を利用することで、会社と交渉することが可能になる画期的な方法です。

これを実施しているのが、「退職代行SARABA」です。

タイトルとURLをコピーしました