働きながら転職活動する方法

転職で年収UP

働きながら転職活動する方法

働きながら転職活動する時って会社にはバレたくないですよね?

でも転職エージェントに登録してバレる可能性ってあるのでしょうか?

もしバレたら転職活動を邪魔されたり退職の引き止めに遭いそうです。

そこで働きながら会社にバレずに転職活動する方法を紹介します。

転職活動が会社にどうしてバレてしまうのか?

もし転職活動してるのが会社にバレると、人間関係がギスギスしそうですよね?

裏切り者と呼ばれたり、今の仕事に対してやる気がないとみなされると、在職の残り期間が居づらくなります。

ではどんなことが原因で会社に転職活動がバレるのでしょうか?

1.定時退社する

いつも少し残って仕事していたのに、最近、妙に定時で退社するようになったら、「あれっ?なんかやってるのかな?」と疑問に思われます。

転職活動すると仕事終わりに面接を受けるために定時で上がることがどうしても多くなります。

2.突然スーツで出社してきた

普段からスーツ着用の会社ならバレませんが、カジュアルな服装でいつも働いているのに突然スーツで出社してきたら、「あれっ?今日どうしたの?」って聞きたくなりますよね?

そこから「もしかして面接でも行ってるのでは?」と疑われてしまいます。

3.急に有給を取り出した

普段めったに有給休暇を取らないのに、最近、妙に1日や半日の有給休暇を取るようになったら怪しまれます。

もちろん有給休暇は社員の当然の権利ですが、「何かプライベートで忙しいのかな?」と思われ、そこからバレる恐れがあります。

4.今の仕事にやる気がなくなる

転職活動を始めると、これからのことや転職のことで頭がいっぱいになり、今の仕事に対してどうしても注意散漫になり、おろそかになりがちです。

もう辞めてしまうと思うと、気が緩んで仕事もついいい加減になってしまうからです。

急に態度が変わると周りも「なんか変だな」と思われてしまいます。

5.最近体調が悪い

転職活動が忙しくなるとムリして働いてしまうため、体調を崩しやすくなります。

あまり疲れた様子を見せると周りも「最近、おつかれ気味だね?どうしたの?」と気になりだします。

体調崩して休む日が増えると確実に怪しまれます。

6.SNSでバレる

転職のことを直接書いてなくても、仕事終わりに寄ったカフェの写真から「どうしてそこに行ったの?」と関心を持たれ、行動を怪しまれることがありえます。

あるいはツイッターでちょっとした不平不満を書き込んだら「何があったの?」と思われます。

SNSは直接つながっていなくても、友達の友達がつながっていて、その友達が書き込みをリプライして拡散する可能性もあります。

SNSは誰かが見ているかもしれないということを意識した方がよいでしょう。

転職エージェントに登録すると会社にバレる?

上記のバレる原因はどれも普段の行動と違う行動をとることが原因です。

バレないためには普段どおりに行動し、今の仕事もよりやる気を出して取り組まないと怪しまれます。

そこでおすすめなのが転職エージェントの登録です。

基本的に転職エージェントに登録してもバレることはありません。

ただし、会社のメールアドレスで登録すると、誰かが目にする可能性もあります。

また酒の席でついポロッと話してしまった結果、噂話が広がってしまう可能性もあります。

次の転職先が決まり、正式に入社が決まるまでは誰にも言わない方がよいでしょう。

働きながら転職活動するとバレる原因や、転職エージェントに登録するバレないか紹介しました。
転職エージェントは履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などの試験対策から、面接日程の調整をしてくれたり、転職先の企業と給料の交渉までやってくれます。
面倒な作業を代行してくれることで転職にかける労力も軽減されるので普段どおりの行動がとれるようになります。
転職エージェントと何度か面談を行う必要がありますが、土日や平日夜も対応してくれるので大丈夫でしょう。

タイトルとURLをコピーしました